いぼを美容外科で治療しよう【レーザーなどの最先端治療】

自分に合ったクリニックを

医者

いぼは美容整形外科クリニックで治療を受けると傷跡を残さない様に尽力してくれます。クリニックはネットで検索する事ができますが、確認する際には経験をしっかり積んでいるかも有益な情報です。しかしネットの情報を鵜呑みにしない事にも注意が必要です。

詳しく見る

傷跡を残したくない方に

顔に触れる女性

いぼは加齢に伴うものやウィルス性のものに大別され、治療には保険が適用されます。保険適用の治療の範囲はいぼまでであり、傷跡や周囲の皮膚は対象外なので、跡が残る事もあります。そんな心配をなくし綺麗に取り除きたい場合は美容整形外科が最適です。

詳しく見る

後悔しないために

下着姿の女性

いぼの治療は皮膚科で行うことも可能ですが、顔の上のいぼ等は、痛みや治療の跡の外観を考慮してくれる美容整形を利用すると安心です。美容整形では、炭酸ガスレーザーを使用していぼを除去しますが、施術は僅か10分程で終了する簡単なものです。

詳しく見る

診察申込方法と一連の流れ

看護師

イボを美容外科で取る選択

美容外科でいぼを取りたいと決めたらまずは予約を取りましょう。最近の美容外科では、スマートホンからの予約も可能な場所が増えてきました。まずはネットで行きたい美容外科を検索しましょう。そこからHPに書かれているいぼに対する治療方法やコース、料金を調べます。自分の理想に近い診療内容が見つかればそのコースを選択しましょう。コースから予約ができるボタンが近くにあるサイトもあります。もし、そのまま予約ができるようでしたら、予約ボタンを押します。そうしますと、メールアドレスや、名前、施術内容を記入する項目に飛びますので必要事項を入力しましょう。その後病院側から連絡がきますので、スケジュールが決まれば予約が完了です。電話でも予約ができるので好きな方で予約して下さいね。後日、予約した日時に美容外科に向かいます。受付で予約した旨を伝えますと、大体の病院でカウンセリングを個室で行います。電話で話した内容の確認と、悩んでいる症状が実際にどんな治療方法があるのか案内をしてくれます。その後先生の診察に入ります。納得し安心して施術が受けられるよう、施術内容を詳しく説明してもらえます。わからないことや疑問に感じることはここでしっかりと聞いておきましょう。その後施術前に、美容外科によってはお会計が先に前払いすることがあります。何故なら麻酔が効いていて動けなかったり、異常がないかの確認の為にしばらく横になったりすることがあるからです。お会計では医療ローンなども組めますが、予めの予算を用意しておくといいです。あと、麻酔の追加などで料金が加算になることがあるので、施術料金を同意した上で支払をすれば、スムーズにいくでしょう。料金を支払い後、もう一度内容を確認して施術を開始します。顔や体を見ていて気になるいぼを見つけた時、まず一番初めに皮膚科で取ると考えることが多いでしょう。しかし、いぼは美容外科でも対応してもらえます。大きくなければそのままでも大丈夫なことが多いです。しかし、できものを取りたいという理由は見た目の問題からというのも少なくありません。見た目から気にする方、そして悪性かどうか気になる方、両方の目的の方のために、皮膚科でも美容外科でも対応が可能です。どちらの科でも最初に悪性かどうかを調べます。疑わしい場合は細胞を取り、更に綿密に検査をします。いぼの大半は良性のものがほとんどですので、後は診断に応じて、治療を開始します。皮膚科はいぼを取るとき、小さいものであればハサミなどで切除するか、液体窒素で壊死させて取る施術が主になります。皮膚科では保険が利くので安く済みますが、痛みを我慢する施術が多いです。こういったことから、最近ではレーザーなどの最先端治療をする皮膚科もありますが、レーザー治療は美容外科の得意分野でもあります。美容外科では審美面や患者さんの痛みにも考慮して治療しますので、レーザー施術が非常に多く選択されています。料金が少し高くても痛いのが怖かったり、施術後もダウンタイムが少ない方がいいと考えていたりする方は美容外科での診療も検討してみるといいですよ。美容外科でいぼを取る方で、タイプとして多いのが、老人性のものと尋常性のものです。老人性は加齢や紫外線が原因で発生するものの事で、大きく広がるのが特徴です。色は肌色から茶色まで様々です。尋常性のものはウィルスが皮膚に感染してしまうことから発生する良性のできものです。触ると他の場所にできるので、なるべく早めに治療をした方がいいでしょう。

Copyright© 2018 いぼを美容外科で治療しよう【レーザーなどの最先端治療】 All Rights Reserved.